2014年04月28日

上海「タレントマネジメント」ラウンドテーブルから

PFCは中国・上海で、タレントマネジメントに関する公開講座をシリーズで開催し始めた。第1回目はレノボにファーウェイ、第2回目はハイアールと、今日世界を席巻する注目企業の人事の方にゲストスピーカーとして登壇していただいた。私自身は上海に行って第2回目に参加して、ハイアールのお話を直接聞く機会を得た。

ハイアールの話には驚愕した。詳しくは近日中に発行されるPFC新聞に譲るが、これほどに、経営目標に直結したパフォーマンスマネジメントと、実力主義と民主主義の両方のもとに成り立つタレントマネジメントの仕組みは、世界でも見たことがない。

海外では、優秀でやる気のある人は日本企業を選ばないとよく言われているが、中国でも例外ではない。中国で優秀な若者は、以前は欧米企業での就職を目指していたが、今やハイアールやファーウェイが一番人気だという。
一方、日本人駐在員がマネジメントポジションを独占し、成果を出そうが出さまいか、評価も報酬もさして変わらないような日本企業は、優秀な人材の眼中にないのは当然だろう。では日本企業はどうしたらよいのか。逆立ちしたってハイアールの真似できないだろうし、真似すればよいというものでもない。

そのヒントを与えてくれたのは、40−50代の中国人たちだった。ある中国人は、ハイアールは残酷であり短期収益主義に走っているのだという。その言葉は、ハイアールのプレッシャーやペースについていけない旧世代の負け犬の遠吠えとも取れなくないが、当たっていなくもない。別の中国人は、「あの仕組みは若い人にはよいが、サステイナブルではない」と言った。近い将来、中国が高齢化社会となり経済の成熟を迎えたとき、ハイアールのやり方は確かに通用しないだろうと私も思う。

日本企業は、もっと自社の理念を強くアピールすることで、異なる働く価値観の選択肢を提供すべきだ。地球や社会と共生してくという素晴らしい理念を多くの日本企業は持っているのだから。そのような理念に共感する人たちを惹きつけ、ミッション志向でエンゲージメントの高い組織を作り上げる可能性があると思う。
そのためには、2つの課題がある。1つは、自社理念を現地社員に理解できるように説明し、かつ実践して見せることのできるリーダーを増やすこと。海外現地法人における理念浸透活動は、ここ5,6年で随分と進んだ印象はあるが、まだ紹介程度に終わっているところが少なくない。
もう1つは、現地法人による社会貢献活動を増やすことだ。やっていないわけではなくPR不足なだけという意見もある。そのどちらにせよ、少なくとも中国人の間で、「日本企業はCSRに熱心だ」という声はきかない。現地法人のトップとなる人は、その国の社会にもっと溶け込み、単純な寄付等のみならず、自社事業を通じて地元社会に貢献するよう導き、そのことを社内外にアピールできることが求められる。つまりは「GIAリーダー」たれということだ。
GIAリーダーについてはこちらをご覧下さい。

ところで、私が次にぜひ話を聞いてみたいと思う中国企業はアリババだ。先日、来日していたハーバードの教授が言っていたのだが、アリババで経営会議の最後に、経営陣が全員「頭立のポーズ」をしていたのを目撃したというのだ。馬会長にその理由を尋ねたら、「視点を変えれば物事が違ってみえることを体感するため」という答えが返ってきたという。
They were doing headstand とハーバードの教授が言ったとき、最初、私は英語を聞き取り間違ったのかと思ったよ!

他国に学ぶことは多いね。

※前回の記事に書いたようにルークが旅立ったので、ブログのタイトルについて迷っています。
でも、ルークはまだ私のそばにいてくれるので、当面このままのタイトルで行くことにしました。
posted by ルークブログ at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

ルークの旅立ち


2014年3月4日夜明け前の4:30am、飼い主二人に見守られる中、
ルークは旅立ちました。

まるで、ルークは、この日なら飼い主二人とも、仕事の予定が詰まっていない
ことを知っているかのようでした。

お昼過ぎまで、おうちで一緒に過ごし、午後に府中にあるお寺にまで出向いて、
火葬し、お坊様に供養してもらうことができました。
夜には、簡単ですが、祭壇ができました。


ルークは本当にハッピーな子でした。

私はよく「地球上にいる全ての人を愛して止まない」という枕詞をルークに
つけていました。

ある人は、「ルークは何がそんなに楽しいの?」とよくルークに聞いていました。

別のある人は、ルークのことを、「天真爛漫くん」とあだ名をつけていました。

また別のある人は、ドッグランにいる人、全員に挨拶してまわるルークを見て
「ルークって、『ボクの幸せをみんなに分けてあげる!』と言っているみたい」と
言いました。

ルークは、ほんとうにたくさんの幸せをくれました。
我が家の太陽のようでした。
10年と6か月、一緒に生きてくれて、どうもありがとう。


そして、ルークのことをかわいがってくださった皆様、ありがとうございました。

さいだん.JPG


posted by ルークブログ at 22:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

ルーク闘病中


1か月くらい前から、ルークがびっこをひくようになりました。
最初は、(いつものように)はしゃぎすぎて足をねんざでもしたのだろうと
思ったのですが、一向に治らないので、医者に見せたところ、
骨髄腫の疑いがあるとの診断でした。

血液検査やらレントゲンやら、全身麻酔して骨の組織を採取する検査やら、
CT検査まで受けたのですが、なかなか原因が特定できませんでした。

ただでさえ病院が苦手なルーク、検査が負担だったのか、どんどんと
元気がなくなり、ある朝、まったく動かなくなってしまいました。
舌が真っ白、手足が冷たく、内出血に違いないということで、
今度は開腹手術を勧められました。

とても迷いました。こんなに弱ったルークが開腹手術を耐えられるのか、
病院に入院していたら寂しくて余計に悪くなるのではないかと、
本当に難しい決断だったのですが、一筋の希望にかけ、開腹手術に踏み切りました。

手術では、かなりぼろぼろになっていた脾(ひ)臓を摘出、脾臓の中に腫瘍が
あった模様です。そうすると、やはり足の骨にも腫瘍があるのだろうとのこと。

ルークはがんばって開腹手術と5日間の入院を耐え抜き、家に戻ってきました。
ただ、あいかわらず、食事と排泄のとき以外は全く動きません。

これからはなるべくそばにいて見守ってやりたいと思っています。

暗い話ですみませんでした。
posted by ルークブログ at 21:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

お犬様リゾート滞在記 by Luke

ルークです。
伊豆のお犬様リゾート施設に滞在してきました。


こちらがエントランス。

entrance.JPG


離れのお部屋に泊まったので、ボク専用のお庭付きです。

garden.JPG


犬用の源泉かけ流し温泉風呂があります。他の犬が全然こないので、貸切状態でした。

onsen.JPG


夜、飼い主たちが7皿も出てくるイタリアンのフルコースディナーを食べるのに、
付き合ってやりました。そしたら、最後に、こんな料理(?)が出てきました。

treat.JPG


こちらは、犬用のベッドです。
(ウソ。でも、人間用のベッドに犬が寝るのはOKということになっています。)

bed.JPG


翌朝、人間用の朝のエサが、お部屋まで運ばれてきました。
(昨晩は、7皿も食べたくせに、よう食べるわな、、、)

breakfast.JPG


隣接する森のドッグランで遊んでから、帰りました。

dogruan.JPG

いやあ、温泉が最高でしたワン。
posted by ルークブログ at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

新雪の春 by Luke

今年の雪はどんなかな?
1.JPG

うん、パウダースノーでいいかんじ
2.JPG

それいけっ!2014年だ!!
3.JPG

今年の新しいお友達、麦ちゃんだよ。6か月の女の子
4.JPG

しかし、6か月と遊ぶのは10歳のおじさんには、ちときついわ。もう降参
5.png

皆様、飼い主共々、今年もよろしくお願いしますのだ
6.JPG
posted by ルークブログ at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする