2015年09月28日

来て2か月たったタンタンより

タンタンです。

引き取られて約2か月が過ぎました。

何年間か悪徳ブリーダーに閉じ込められていた(と思われる)檻の中の世界から、ある日、保健所に連れていかれ、あわやガス室送り間一髪のところで救い出され、埼玉の動物保護団体の施設に移り約1か月を経て、今のおうちに引き取られました。
今のおうちでも、会社には出勤するわ、休みはお山のおうちに連れていかれるわで、大忙しでした。
ルーク兄と親しかった犬や人間が「タンタンと会いたい!」と騒いでいるということで、大勢に挨拶をしてまわっていたのです。

つまり、実に目まぐるしく訳が分からないここ数か月だったわけです。
とにかく次に何が起こるかわからないものですから、ひたすら控え目に常にひっそりとたたずむようにしていました。

ルーク兄は、常にエネルギー爆発200%ハイテンションだったらしく、対象的な僕のおとなしさに、皆が驚きます。そして、会社の社員さんたちに「癒されるぅぅ!!」と言われます。

しかし2か月も経ったところで、徐々に自分の立場やこれからの犬生が見えてきました。
それに伴い、少しづつ犬らしい姿も見せられるようになりました。
周りの人からも「最初の頃と比べ表情が明るくなったね」と言われますが、どうでしょう。

タンタン

最初は遠慮して使わなかったルーク兄のベッドも今はすっかり愛用しています。

ベッドで寝る
ちなみに、左端がボク、右端にいるのがルー八とルー子。

牛との遭遇も難なくこなしました。
飼い主が牛好きなので、牛に引き会わされるのは当家では儀式のようなものらしいです。
ルーク兄は、牛と遭遇したときはびびりまくってたそうです。

牛との遭遇

犬生、いつでもやり直せる!!人生はどうですか??

posted by ルークブログ at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

タンタンが来た!ルークと比較してみる

タンタン(Tintin)がきて1週間。
タンタンは悪徳ブリーダーのところで何年か飼い殺し状態になっていたあげく、
保健所で処分されそうになったところを、レスキュー団体が保護。そこから我が家にやってきた。
そんな生い立ちなので、過去にどう育てられたのかわからないし、家庭に住むのは初めて。
そこで、飼い主にとっても、犬にとっても、お互いを発見していく日々だった。

その結果、わかってきたこと:
ルークと同じフラットコーテッド・レトリバーなのに、類似点より相違点のほうがはるかに多い。


ルークとの比較に見るタンタン(オス、推定5歳)の特性

似てるところ:
・人なつこく、誰からかまわず、しっぽ振って近寄る
・ボール大好き
・食べ物に好き嫌いなし。野菜も果物も食べる

似てないところ:
・小さい!ルークは35-38キロだったが、タンタンは20キロくらいしかない!
(これから筋肉つけさせていけば、少しは増えるかな?)
・ボール以外のおもちゃに興味示さない(引っ張りっことか、遊び方がわからないみたい)
・いたずらしない。ルークのように、携帯電話やリモコンやハイヒールの靴など、飼い主が最も困りそうなものを選んで破壊することをしない
・レトリバーのくせに水が嫌い!風呂場で足を洗うのもひと苦労。
公園の犬用水飲み場も、ばしゃばしゃなるのがイヤらしく、飲もうとしない。こんな暑いのに!
ルークといえば、他人が用意した水くみ用バケツに顔つっこんではひっくり返すいたずらを繰り返しやってたのに
・お散歩が上手とまでは言わないが、一応、飼い主のことも多少気にしながら歩く。 
ルークのように飼い主がぶっ倒れるほどに強烈に引っ張ることはしない
・鳴き声は、まるで小型犬のように甲高い。車に乗っているとき、またどこかに放棄されると
不安にでも思っているのか、たくさん鳴く。
ルークは、どんな楽しいところに行くのだろうと、興奮収まらず、狭い車中を行ったり来たり
・食事のあとに口のあたりが汚れるのが気になるらしく、布製のソファのはしっこなどで口を拭く
・ふかふかのベッドでなく、せんべい布団の上で寝る。どちらもルークのおさがりなのだけど

犬の個性もいろいろだね。

オフィスでも人気者です。
DSC_0361.JPG

自分からも行く、仕事熱心。
DSC_0365.JPG

あーお仕事つかれた
DSC_0368.JPG


  生前のルーク   と   タンタン
Luke.JPG150810_Tintin.JPG

タンタン、あさってからお山デビュー
posted by ルークブログ at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

大笑いの電話会議

PFCでは、リーダーシップ、チーム、ダイバーシティ、チェンジ、バリューズ
の5つの視点から組織開発を行っている。
このような形で組織開発を分解したのはPFCの独自コンセプトだ。
さて、グローバルという状況で組織開発を行うとき、留意すべき点は何か?
PFCでは、「CSP」という3つの複雑性を留意すべきというコンセプトを作った。
これもまた独自のコンセプト。

CSPとは:
C=Cultural 文化的側面
 いわずもがな、グローバルでは異文化に留意する必要がある
S=Structural 構造的側面
 各国の社会構造に留意し、さらには社内の構造が複雑化することに対処する
 必要がある
P=Physical 物理的側面
 メンバーのいる場所が地球上で散らばっている故の複雑性がある

P(Physical)の複雑性の対処には、バーチャルコミュニケーションスキル
が欠かせないが、日本企業や日本人には馴染みがないことが多い。
一方、外資系に勤める人たちにとっては、真夜中のカンファレンスコール
(電話会議)は日常茶飯事だろう。

PFCは日本企業だが、外資系企業のクライアントが多いし、
海外のあちこちにコンサルタントやスタッフがいるし、
国内でも、オフィスを守る役目を担った一部の内勤スタッフ以外は
いつでもどこでも働いてよいことになっているので、
ずいぶんと古くから電話会議は日常化している。

先日、PFCの社員が、社内掲示板に「電話会議の動画でこんな面白いのを見つけた」
と紹介してくれた。
(皆、モーレツに忙しい中でも、こういうことをする気持ちの余裕を保っているのが
PFCの良いところだ。)



いやはや、抱腹絶倒ものだ。

特に可笑しかったのが次の2つ。

1つは、女性がこっそりソリティエに興じているシーン。
ちょうどここ3週間、ソリティエにはまってしまっているので、吹き出してしまった。
ただ、念のため申し上げるが、私は電話会議しながら、ソリティエをしたことは1度もありません。

もうひとつは、犬の鳴き声がするシーン。
私も、自宅で電話会議をしているときに、ルークがぎゃんぎゃん吠え出して、
「Ohhhh, I am so sorry!」と言ったことが何度あったことか!

そのルークの鳴き声を今は聞くことができないと思うと
大笑いのあとに、たまらなく切なくなりました。
posted by ルークブログ at 18:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

石巻の現状から考える被災地支援と組織開発

1月23日、震災から4年近くが経つ石巻市を訪れた。

瓦礫はすでに完全撤去されているが、草ぼうぼうの野原がひろがる景色が、 もの哀しい。
(↓は、元は住宅地だった場所)
野原


しかし、その横では、壊滅的被害を受けたはずの日本製紙の工場が、
元気よく煙突から煙を吐き出している。
大企業のレジリエンスと、地域コミュニティのはかなさとが、あまりに対比的だ。

ちょうど今は一年で最も寒い季節。
陽射しは穏やかだったが、風が吹くたびに、身が縮こまる寒さだった。
そんな中で見た仮設住宅。
なんと、3分の2くらいの人が未だに狭い仮設住宅での生活を余儀なくされているという。
こんな寒さにプレハブ小屋とは!
それも、ひと冬の我慢だったはずが、「あと1年」「あと1年」と言われ続け
4年もたつなんて、どれほどにやるせないだろう。
テレビでよく見る仮設住宅だが、この寒さの中で実物を見ると衝撃がはしる。

もちろん、建設中や出来立ての真新しい復興住宅もいくつか見かけた。
ただし仮設住宅がなくなるには少なくともあと2年はかかるようだ。
ずいぶんとゆっくりではあるが、一応、こうしたインフラは徐々に
回復していくのが目に見えてわかる。

しかし、ハードウェアが整ったら、もうそれでいいということではない。
目には見えにくいソフトウェアの部分は時間と共に回復するとは限らない。
むしろ悪化することだってある。
阪神淡路震災では、子供たちのPSTDの症状は、3-5年でピークに達したというし、
東北でも同様の事例が明らかになりつつある。

たとえば、1年前に河北新報社が宮城県の各校長に実施したアンケートでは、
被災した宮城県沿岸部の小中学校の約7割が、自校の児童・生徒に震災の影響とみられる
問題が現在もあると受け止めていることが判明した。
8割以上の校長が「事態は深刻」と危機意識を持ち、その多くが、問題が時間と共に
解決するのではなく、長期化することを懸念しているそうだ。
さらに、そうした子供たちを指導する学校の先生たちも被災者であり、
心の問題を抱えている人が少なくないと、記事の中で専門家が指摘していた。
(出所:http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201401/20140101_15005.html

行政は、インフラの整備はできても、コミュニティづくりや生活再建、
心のケアといったソフトウェアの部分までにはとても手が回らないそうだ。
そこで民間の継続的支援は必要だが、そのやり方は簡単ではない。
震災直後のような、大勢のボランティアによる衣服の配布やら掃除の手伝いやら
といった単純な構図ではないからだ。
さらには、支援しすぎることで、被災者の自立を阻害してもならない。
復興に向けた住民主体の活動を、そっと後押しをするという微妙な支援が求められる。
自立支援を信条とするJENの真価が問われるときだ。

この状況は組織開発の仕事とよく似ている。
企業でも、設備だ、商品だ、制度だといった目に見えるものに予算はつきやすい。
が、社員の意識ややる気、階層間や部署間のコミュニケーションやコラボレーションなど
といった目に見えない無形の企業資産を疎かにしては、やがて問題が深刻化・長期化し、
必ず業績にも悪影響をおよぼしていく。
そうならないよう、社員が主体となって無形資産を構築する取組みを
組織開発コンサルタントは、そっと後押しをする。
うまくいったら、それはコンサルタントの手柄ではなく、クライアントの社員の手柄として認める。
最後には、自分がクライアントに必要とされなくなることを喜びと感じて終わる。
企業相手にやっていると、ちょっと因果な商売かなと思うときがなくないが、
石巻往訪が改めて組織開発の意義を思い出させてくれた。

<番外>
牡鹿半島の佐須浜にある浜友食堂でいただいた特別メニューの豪華ランチ
(コミュニティ強化と地元住民の収入創出のために、JENが設置と運営をサポートした)
もちろんすべて地元産
lunch

浜食堂の看板犬のコロちゃん。暖房の前でぬくぬくする姿。
dog
posted by ルークブログ at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

イタリアのカフェで

10年ぶりの犬がいない大型連休の年末年始、超久しぶりに海外観光旅行に
行くことにした。

本当は私はアフリカに行きたかったのだが、エボラ熱が怖いと夫が反対して、
行き先はイタリアのベネチアとフィレンツェに落ち着いた。

数々の歴史的建造物や世界有数の美術作品、そして優雅なベネチアの街並みなど
に感動したのはもちろんのことだが、カフェおたくとして、見逃せなかったのか
カフェ文化。

イタリアにはスターバックスがないとは聞いていたが、本当にない。
いやー、スタバが視界に入らない都市の風景って久しぶり見た気がする。
とても新鮮。

アメリカだったら、100mごとにスタバがあるし、日本だったら、
スタバ、ドトール、プロントのいずれかがどこにでもある。
そして、イリーなどのイタリアンブランドのカフェすらあるが、
イタリアでは、スタバのみならず、国内外のブランド関わらずチェーン店が一切ない。
あるのは個人商店の個性的で粋な店。カフェおたくにはたまらない!

観光地としては、イタリアのほうが絶対好ましいだろうが、資本主義論的にいえば、
資本が集約されておらず、資本主義経済が十分に発達し損ねたということになろう。
そして、現在のイタリアは経済破綻の危機にさらされていて、
実際、イタリア人の知人も仕事が見つからないと嘆いている。
資本主義と文化の両立というのは厄介な問題だと改めて実感。

ところで、カフェ(というか正確にはバール)でエスプレッソを立ち飲みしながら
おしゃべりするのが、イタリア人スタイル。
一方、観光客としては、歩き疲れて一休みしようとカフェに入るわけで、
立ち飲みはありえない。そこで席に座って、エスプレッソやカプチーノをいただくのだが、
アジア系観光客は席についた途端にスマホだ。
自分もスマホをちょっとは見たが、、、でも、他の人たちは、席についている間ずーっと
無言でスマホを見ている。かなり異様だ。
せっかく来たのだから、少しは観光の感想を述べ合うとかしてはどうかなあ。
こういう感性の民族だから、日本や中国にはスタバが溢れてしまうってこともあるのかな。

下の写真はフィレンツェのカフェでほおばった「ピアディーナ」
イタリア北部の無醗酵の平焼きのパンで、ピザよりも歴史が古く、
12〜13世紀頃からある郷土料理だって。ルッコラがたくさん!
ピザ.JPG
posted by ルークブログ at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする