2016年03月29日

最近のタンタンとマラリア

タンタンが我が家に来て半年たちました。
フラットコーテッド・レトリバーのくせに、あいかわらず、ひっそり・のんびりなところは変わりません。
しかし、留守番の最中に、家を荒らすようになりました。
最初のうちは全くそんなことはなく、「やっぱり捨てられていた犬だから、独りでいるのが苦にならないんだろうね」と夫と話していたのですが、最近は、留守番がストレスになってきたようです。
新聞紙や紙袋、タオル、服、布製バッグなど、紙系のものと布系のものがバラバラにされるという被害が続出しています。
まあ、家の中、ちゃんと片づけとけってことですかね。
そして、留守番が嫌というのは、家族としての連帯感が芽生えている証拠ですかね。

おもちゃ.jpg
おもちゃでも遊ぶようになったよ!


さて、今日のブログ記事のタイトルは、タンタンがマラリアにかかったという意味ではありません。
先週金曜日に行われた第1回目グローバル・エンゲージメント・イニシアチブ有志会(※)で、マラリア・ノーモア・ジャパン専務理事の水野さんをゲストスピーカーにお招きしたことも合わせて書きたかったのです。

とてもざっくばらんな水野さん、有志会では、以下のようなことについて本音トークを炸裂していただき、大いに盛り上がりました。

・住友化学勤務中に、シャロン・ストーンのせいで、アフリカでマラリア予防ビジネスに取り組むことになったこと
・最初はやらされ感いっぱいだったのが目覚めるきっかけとなったのは、40日間の闘病生活だったこと
・マラリア予防策を社会貢献でなく事業化することの意義
・なぜ、いつもVC3000のど飴の袋を2つ持ち歩いているのか
・なぜ、素材の会社が蚊帳を製造・販売するのか
・アフリカのパートナーに品質管理を徹底させるには
・このようなビジネスの立ち上げで、社内で協力者を増やすには
・地球課題解決につながるビジネスを他にも増やすには
・現場主義と家庭内円満は両立できるか

※グローバル・エンゲージメント・イニシアチブ有志会とは:
毎回ゲストスピーカーからお話を伺いながら、地球的課題に関するトピックについて皆で対話する場です。ご興味ある方ならどなたでもご参加いただけます。年に数回、平日の19時から21時に開催しています。
次回は、スポーツ界の弁護士/コンサルタントとして地球を股にかけて活躍中の杉原さんと山崎さんをゲストに、「スポーツでNGOを超える!〜地球的社会課題解決へのスポーツの貢献可能性」について対話します。何かのスポーツに一家言ある方、ふるってご参加ください!(ちなみに私はフィギュアスケート)
http://www.globalcsr-pfc.com/events/


最後にまた犬の話に戻りますが、連休中に香港に行ったとき、赤柱(Stanley)のBlake Pierでチャウチャウ犬に遭遇しました。うわーい!かわい過ぎる!!

ちゃうちゃう1.jpgちゃうちゃう2.jpg
posted by ルークブログ at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。