2015年09月28日

来て2か月たったタンタンより

タンタンです。

引き取られて約2か月が過ぎました。

何年間か悪徳ブリーダーに閉じ込められていた(と思われる)檻の中の世界から、ある日、保健所に連れていかれ、あわやガス室送り間一髪のところで救い出され、埼玉の動物保護団体の施設に移り約1か月を経て、今のおうちに引き取られました。
今のおうちでも、会社には出勤するわ、休みはお山のおうちに連れていかれるわで、大忙しでした。
ルーク兄と親しかった犬や人間が「タンタンと会いたい!」と騒いでいるということで、大勢に挨拶をしてまわっていたのです。

つまり、実に目まぐるしく訳が分からないここ数か月だったわけです。
とにかく次に何が起こるかわからないものですから、ひたすら控え目に常にひっそりとたたずむようにしていました。

ルーク兄は、常にエネルギー爆発200%ハイテンションだったらしく、対象的な僕のおとなしさに、皆が驚きます。そして、会社の社員さんたちに「癒されるぅぅ!!」と言われます。

しかし2か月も経ったところで、徐々に自分の立場やこれからの犬生が見えてきました。
それに伴い、少しづつ犬らしい姿も見せられるようになりました。
周りの人からも「最初の頃と比べ表情が明るくなったね」と言われますが、どうでしょう。

タンタン

最初は遠慮して使わなかったルーク兄のベッドも今はすっかり愛用しています。

ベッドで寝る
ちなみに、左端がボク、右端にいるのがルー八とルー子。

牛との遭遇も難なくこなしました。
飼い主が牛好きなので、牛に引き会わされるのは当家では儀式のようなものらしいです。
ルーク兄は、牛と遭遇したときはびびりまくってたそうです。

牛との遭遇

犬生、いつでもやり直せる!!人生はどうですか??

posted by ルークブログ at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。