2015年01月27日

石巻の現状から考える被災地支援と組織開発

1月23日、震災から4年近くが経つ石巻市を訪れた。

瓦礫はすでに完全撤去されているが、草ぼうぼうの野原がひろがる景色が、 もの哀しい。
(↓は、元は住宅地だった場所)
野原


しかし、その横では、壊滅的被害を受けたはずの日本製紙の工場が、
元気よく煙突から煙を吐き出している。
大企業のレジリエンスと、地域コミュニティのはかなさとが、あまりに対比的だ。

ちょうど今は一年で最も寒い季節。
陽射しは穏やかだったが、風が吹くたびに、身が縮こまる寒さだった。
そんな中で見た仮設住宅。
なんと、3分の2くらいの人が未だに狭い仮設住宅での生活を余儀なくされているという。
こんな寒さにプレハブ小屋とは!
それも、ひと冬の我慢だったはずが、「あと1年」「あと1年」と言われ続け
4年もたつなんて、どれほどにやるせないだろう。
テレビでよく見る仮設住宅だが、この寒さの中で実物を見ると衝撃がはしる。

もちろん、建設中や出来立ての真新しい復興住宅もいくつか見かけた。
ただし仮設住宅がなくなるには少なくともあと2年はかかるようだ。
ずいぶんとゆっくりではあるが、一応、こうしたインフラは徐々に
回復していくのが目に見えてわかる。

しかし、ハードウェアが整ったら、もうそれでいいということではない。
目には見えにくいソフトウェアの部分は時間と共に回復するとは限らない。
むしろ悪化することだってある。
阪神淡路震災では、子供たちのPSTDの症状は、3-5年でピークに達したというし、
東北でも同様の事例が明らかになりつつある。

たとえば、1年前に河北新報社が宮城県の各校長に実施したアンケートでは、
被災した宮城県沿岸部の小中学校の約7割が、自校の児童・生徒に震災の影響とみられる
問題が現在もあると受け止めていることが判明した。
8割以上の校長が「事態は深刻」と危機意識を持ち、その多くが、問題が時間と共に
解決するのではなく、長期化することを懸念しているそうだ。
さらに、そうした子供たちを指導する学校の先生たちも被災者であり、
心の問題を抱えている人が少なくないと、記事の中で専門家が指摘していた。
(出所:http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201401/20140101_15005.html

行政は、インフラの整備はできても、コミュニティづくりや生活再建、
心のケアといったソフトウェアの部分までにはとても手が回らないそうだ。
そこで民間の継続的支援は必要だが、そのやり方は簡単ではない。
震災直後のような、大勢のボランティアによる衣服の配布やら掃除の手伝いやら
といった単純な構図ではないからだ。
さらには、支援しすぎることで、被災者の自立を阻害してもならない。
復興に向けた住民主体の活動を、そっと後押しをするという微妙な支援が求められる。
自立支援を信条とするJENの真価が問われるときだ。

この状況は組織開発の仕事とよく似ている。
企業でも、設備だ、商品だ、制度だといった目に見えるものに予算はつきやすい。
が、社員の意識ややる気、階層間や部署間のコミュニケーションやコラボレーションなど
といった目に見えない無形の企業資産を疎かにしては、やがて問題が深刻化・長期化し、
必ず業績にも悪影響をおよぼしていく。
そうならないよう、社員が主体となって無形資産を構築する取組みを
組織開発コンサルタントは、そっと後押しをする。
うまくいったら、それはコンサルタントの手柄ではなく、クライアントの社員の手柄として認める。
最後には、自分がクライアントに必要とされなくなることを喜びと感じて終わる。
企業相手にやっていると、ちょっと因果な商売かなと思うときがなくないが、
石巻往訪が改めて組織開発の意義を思い出させてくれた。

<番外>
牡鹿半島の佐須浜にある浜友食堂でいただいた特別メニューの豪華ランチ
(コミュニティ強化と地元住民の収入創出のために、JENが設置と運営をサポートした)
もちろんすべて地元産
lunch

浜食堂の看板犬のコロちゃん。暖房の前でぬくぬくする姿。
dog
posted by ルークブログ at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。