2015年01月04日

イタリアのカフェで

10年ぶりの犬がいない大型連休の年末年始、超久しぶりに海外観光旅行に
行くことにした。

本当は私はアフリカに行きたかったのだが、エボラ熱が怖いと夫が反対して、
行き先はイタリアのベネチアとフィレンツェに落ち着いた。

数々の歴史的建造物や世界有数の美術作品、そして優雅なベネチアの街並みなど
に感動したのはもちろんのことだが、カフェおたくとして、見逃せなかったのか
カフェ文化。

イタリアにはスターバックスがないとは聞いていたが、本当にない。
いやー、スタバが視界に入らない都市の風景って久しぶり見た気がする。
とても新鮮。

アメリカだったら、100mごとにスタバがあるし、日本だったら、
スタバ、ドトール、プロントのいずれかがどこにでもある。
そして、イリーなどのイタリアンブランドのカフェすらあるが、
イタリアでは、スタバのみならず、国内外のブランド関わらずチェーン店が一切ない。
あるのは個人商店の個性的で粋な店。カフェおたくにはたまらない!

観光地としては、イタリアのほうが絶対好ましいだろうが、資本主義論的にいえば、
資本が集約されておらず、資本主義経済が十分に発達し損ねたということになろう。
そして、現在のイタリアは経済破綻の危機にさらされていて、
実際、イタリア人の知人も仕事が見つからないと嘆いている。
資本主義と文化の両立というのは厄介な問題だと改めて実感。

ところで、カフェ(というか正確にはバール)でエスプレッソを立ち飲みしながら
おしゃべりするのが、イタリア人スタイル。
一方、観光客としては、歩き疲れて一休みしようとカフェに入るわけで、
立ち飲みはありえない。そこで席に座って、エスプレッソやカプチーノをいただくのだが、
アジア系観光客は席についた途端にスマホだ。
自分もスマホをちょっとは見たが、、、でも、他の人たちは、席についている間ずーっと
無言でスマホを見ている。かなり異様だ。
せっかく来たのだから、少しは観光の感想を述べ合うとかしてはどうかなあ。
こういう感性の民族だから、日本や中国にはスタバが溢れてしまうってこともあるのかな。

下の写真はフィレンツェのカフェでほおばった「ピアディーナ」
イタリア北部の無醗酵の平焼きのパンで、ピザよりも歴史が古く、
12〜13世紀頃からある郷土料理だって。ルッコラがたくさん!
ピザ.JPG
posted by ルークブログ at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。