2014年06月28日

日本の未来を語ろう@ラウンドテーブルジャパン

6月6−7日に行われた「ラウンドテーブルジャパン」に参加した。
この会合は、政財学界の論客が集まり、日本の未来について議論する場。
テレビや新聞でおなじみの人も数多く、丁々発止の議論が起きることもあり面白い。
http://www.roundtablejapan.com/program.html

この10年間、毎年開催されているようだが、私は4年ぶりの参加だった。
その4年前のときは、元外務省高官が、
「おばさんたちの会話を聞いていると、女性が社会に進出するにはレベルが低すぎる」
みたいなことを発言した。これは聞き捨てならないと、私は、
「外務省高官がこのような時代遅れの考え方では、諸外国にどう思われることかと、
嘆かわしい」と応戦した。
あとで休憩時間のとき、別の男性参加者が、「あの人は、田中真紀子が外務大臣
だったときにひどい目にあったから、女性蔑視になっちゃったんだよ」と教えてくれた。

それから4年、景色は様変わりして、政治家も官僚も財界人も学者も誰しもが
「女性の社会進出を増やさないと」と言うようになった。
それはよいとして、日本の人口減少問題の対処のためには、女性だけでは
到底足りない。次なる課題は移民である。
高度人材の移民を増やすのはもちろんのことだが、育児や介護をする労働者も増やさないと、
女性(あるいは男性も)が働くのが難しくなる。
先週、発表になった安部政権の成長戦略で、一応、外国人労働者のことも含まれていたが、
まだまだ踏み込み不足である。
今年のラウンドテーブルでは、外国人有識者はそろって、移民の必要性を主張していたし、
私自身も、数値目標を掲げ、もっと思い切った政策をとるべし、というのが持論だ。

しかし、政・官・財の中には、イデオロギー的に移民を受け付けない(私に言わせると
要は単なる外国人アレルギーだが)人が少なからずいて、なかなか抜本策までいかない。
ある若手自民党議員は、「移民の勉強会を党内に立ち上げようと思ったら、『移民』という
ことばを使うのはダメ、『研修生』ということばにせよ、という通達が来た」と言っていた。
議論することすら許されないとは!

きっと、移民は票にならないから政治家は及び腰なのだと思っていたが、
地方の情勢を肌で知る有識者からは、「地方に行けば、みな人手不足で困っていて
『何とか移民が増えるようにしてほしい』という声があるのだ」という発言があった。
介護施設の経営者にいたっては、「入居者が死んでいく。人手さえあればもっと何とかなるのに」
と悲痛な叫びをあげていたそうだ。
そうか、もしかすると、外国人を増やす政策を掲げる政治家に票が集まる日は
もう目の前に来ているのかもしれない。


おまけにもう1つ。コーポレートガバナンスについての議論していたときのことだ。

ある有名日本企業の経営者からは:「これからは、上場企業の会長、社長の経験者は
社会貢献だと思って、全員が他社の社外役員を務めるようにしたらよいと思う」
ある女性の学者は「上場企業の会長、社長の中には、しょうもない人たちもいるから、
そのアイデアはいかがなものか」

外国人の参加者らからは、「社外取締役をいくら入れたところで、指名委員会がないのなら
意味がない。社外役員の役割は、経営者を監督し、不十分だと思えば首をすげかえること
なのだから」

すると、先の有名日本企業の経営者からは、「わたしたち経営者というのは、
真面目にがんばってるんですよ!」と、いきなり精神論を持ち出して、訴えた。

普通の講演会のような場では、有名日本企業の経営者のお話はありがたく聞くものとして
扱われるのだろうが、そうはいかないラウンドテーブルジャパンならではの
滑稽な一幕だった。
posted by ルークブログ at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。