2014年03月04日

ルークの旅立ち


2014年3月4日夜明け前の4:30am、飼い主二人に見守られる中、
ルークは旅立ちました。

まるで、ルークは、この日なら飼い主二人とも、仕事の予定が詰まっていない
ことを知っているかのようでした。

お昼過ぎまで、おうちで一緒に過ごし、午後に府中にあるお寺にまで出向いて、
火葬し、お坊様に供養してもらうことができました。
夜には、簡単ですが、祭壇ができました。


ルークは本当にハッピーな子でした。

私はよく「地球上にいる全ての人を愛して止まない」という枕詞をルークに
つけていました。

ある人は、「ルークは何がそんなに楽しいの?」とよくルークに聞いていました。

別のある人は、ルークのことを、「天真爛漫くん」とあだ名をつけていました。

また別のある人は、ドッグランにいる人、全員に挨拶してまわるルークを見て
「ルークって、『ボクの幸せをみんなに分けてあげる!』と言っているみたい」と
言いました。

ルークは、ほんとうにたくさんの幸せをくれました。
我が家の太陽のようでした。
10年と6か月、一緒に生きてくれて、どうもありがとう。


そして、ルークのことをかわいがってくださった皆様、ありがとうございました。

さいだん.JPG


posted by ルークブログ at 22:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MetLifeの社員です。先日の基調講演の記事を翻訳していて、なぜかこのブログにたどり着きました。実は、我が家にもフラットコーテッド・レトリバーがいて、昨年10歳で逝ってしまいました。お顔がうちの子と似ていて、ブリーダーから引き取る時に、うちの子の兄弟がルークという名前でした。当時、広尾にあったエムハウスというブリーダーさんから来た子です。ご親戚だったでしょうか。お写真のワンコがうちの子とすご〜く良く似ているんです。
Posted by 木南ゆーこ at 2014年10月09日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。